地方銀行の女性が転職するなら、どんな職種・業界がいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
女性に人気の転職エージェント♪

地方銀行からの転職を考えている女性に、おすすめの職種・業界は何があるのでしょうか?

地方銀行に勤務している女性は、実家から職場に通うことや、自分が生まれ育った地元で働くことに強いこだわりを持っている傾向がありますが、地銀から転職した後も、同じようにその地域で働けることを重要視する女性が多いのです。

地方銀行で働いてきた経験が活かせる職種や業界についてご紹介させていただきます。

地方銀行から転職する女性におすすめの職種・業界は?

銀行で働いていると、事務の仕事は「出来て当たり前」「早く正確に処理できて当たり前」という感じになっていますが、銀行員の事務処理能力は他の業種を圧倒する高い能力を持っています。

ですから、事務であればどんな仕事でも無難にこなせるのは間違いありません。

また、地方銀行で営業を担当していた人であれば、引き続き、他の金融機関の営業職として再スタートを切るのもおすすめです。

同じ金融業界への転職であれば、金融機関で働く基本的な知識が備わっているので、仕事にもすぐに馴染まます。

地方銀行から転職したいと考える女性に具体的なおすすめの転職業界についてご紹介させていただきます。

⇒女性に理解のある「大手企業の求人」を探すなら【リブズキャリア】

会計事務所・法律事務所の事務職

何よりも正確性が求められている銀行員の事務処理能力は「会計処理」や「顧客情報」などを扱い、同じように正確性が何より重要視される業界で特に活かすことが出来ます。

そこでおすすめなのが「会計事務所」や「法律事務所」での事務です。

会計事務所や法律事務所での事務は、数字に強かったり、決算書を読めたりするなど、元銀行員であることの強みを発揮することも出来る仕事場ですし、今までの地方銀行勤めの経験が活かせる職場です。

銀行での相続事務の経験を活かし、法律事務所で相続に関わる仕事をしている元銀行員もいるので、銀行で培われた能力が、銀行以外での活躍の場を広げてくれるのです。

給与面は、銀行員時代と比較すると若干見劣りする部分もありますが、行員時代と比べればハードな仕事ではないので、女性が長く働くには向いている職場だといえます。

証券会社や信託銀行の営業職

地方銀行では、男女関係なく総合職採用されることも珍しくないので、女性でも個人営業を担当するケースも増えています。

地方銀行で営業を担当してきて、お客様と対面して金融商品を紹介して契約に至る過程や高いコミッションに魅力を感じ、転職先でも営業職を希望するのであれば、証券会社や信託銀行の営業職がおすすめです。

地域採用を行っている会社であれば転勤の心配もないので、地元で働き続ける事も可能ですし、地方銀行で働いている時より、かなりの給与アップも狙えます。

大手保険会社の事務職

銀行員時代に、生命保険や損害保険の資格を取得している人なら、保険会社での仕事もおすすめです。

会計資格だけでなくFP資格なども持っていれば、保険会社での仕事に活きますし、銀行で培った正確な事務処理能力は、保険会社でも重宝されます。

保険会社は銀行に比べて「女性比率が高い」のが特徴で、結婚・出産後も働きやすい環境であることは間違いありません。

女性のライフスタイルはご家族の影響で左右されやすいので、女性の働きやすい会社で慣れた仕事に就くというのもおすすめなのです。

⇒銀行員の転職に役立つ資格9選

デパートやアパレルショップの販売員

元銀行員の転職先として意外に多いのが、デパートやアパレルショップの販売員です。

窓口担当者として培われた、接客応対や言葉遣い、コミュニケーション能力などを活かして、即戦力として活躍できますし、窓口で投資信託などの販売を担当していた人は、そのセールストークも服飾販売に活かすことが出来ます。

銀行業務との決定的な違いは立ち仕事になることや、休日が不定期にはなりますが、女性らしく活躍したい人にはおすすめの職種です。

⇒業種カバー率が高い転職エージェント【doda】

元銀行員という肩書きを最大限に活かして

1人1人やりたい事、出来る事、得意な事、苦手な事が違ってくるので、一概に「この職種・業界がおすすめだよ!」とは限定できませんが、新しい職場にすぐ馴染める、転職後も自分の地位を確立しやすいという観点から考えても「事務職」「営業職」「接客業」の3つから転職先を検討されるのがおすすめです。

地方銀行で働いていた女性なら、数字やお金のプロフェッショナルとして、企業から引く手あまたであることは間違いありませんが、女性が転職を考えた時には、次に働く場所や、これからの女性としてのライフイベント(結婚、妊娠、出産、育児)などをしっかりと考慮して転職先を決める必要があります。

また、上記に書いた職種・業界はもちろんですが、他のどの会社にも経理の部署がありますし、そのようなお金を扱う部署に「元銀行員」という肩書きがあるあなたは、喉から手が出るほど欲しい人材です。

あなたの地方銀行の経験や肩書というのは転職の背中を押してくれるので、地方銀行での仕事内容や給与水準に満足できていないのであれば、転職も考えなければならない時期なのかもしれません。

⇒銀行を退職するまでの流れ1~5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る